ICT支援ブログ

ICT支援ブログはIoTエンハンスに応援してもらっています。今後の良記事にためにも、IoTエンハンスのサイトより、寄付金を入れてやって下さい。

【Amazon/Kindle Unlimited/定番化有名作】IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT 読み放題無料キャンペーンのお知らせ

Amazon/Kindle Unlimited/定番化有名作】IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT 読み放題キャンペーンの様です!!

IoTは現在のビジネスホットトピックであり、353ページで読みやすいのは最高ですねー!皆さん、雑誌などと一緒に読み放題でどうぞー!


IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT BEST

IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT BEST




IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT本日17時より無料販売のお知らせ

IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT本日17時程度より無料販売のお知らせ、の様です。期間限定の歴史的パラダイムブレイクスルー本の様なので皆さん是非お早めに。

IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT

IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT


それでは失礼致します。


IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT期間限定無料予告

IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT期間限定無料予告らしいです。全ビジネスマン必携の書の様です。IoTは現在のビジネスのシンギュラリティ・コネクトな、重要なホットオーシャンですね。無料とか、全企業必読でしょう。笑いが止まりませんね。

IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT

IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT



旧作の方がオススメだったりとか言う風のたよりも(≧∀≦)


IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT BEST

IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT BEST




IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT

IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT発売の様です。Kindle本は個人的に届くまで待たなくて良いので現代の様な時代には適して居ますね。

感想としては、シンギュラリティは既にグローバル経済/産業の広範な分野で起こって居るとの事で、企業の収益体質が悪いのは、業務にてAIレバレッジなり、大幅な人財改革や極大化した人件費の削減に対応し切れて居ないとの事だと思いましたね。


IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT

IoT支援アイデア集2 華神蔵EDIT





以下商品の説明より。



【IoT支援アイデア集シリーズ/完全最新作/新作書下し】

上杉華神蔵先生による、IoT支援アイデア集2 華神蔵EDITです。

2019年のビジネス、ホットトピック・ホットオーシャンの
IoT/AI/シンギュラリティについて要点を分かりやすくピックアップ!
ビジネスパーソン必見/必携のバイブル書籍!
御好評につき、読了御礼・新章追加。
全第13章。34ページ。

【内容紹介】

はじめに
IoTは企業の収益乗数化に必要不可欠な必須資産である。
著:上杉華神蔵
編集:IoTエンハンス

第1章 人知を超えるIoT
第2章 シンギュラリティ時代のヒト
第3章 IoTはビジネス必須の無形資産
第4章 金融機関等に於けるIoT利活用
第5章 ECサイトのIoTレコメンド広告
第6章 次世代を担うECサイトとは?
第7章 消費活性化と政府との両輪の軸
第8章 IoT×セキュリティの飛躍的な進化
第9章 時間の密度が濃くなる
第10章 デジタル通貨とその後

終わりに
企業のシンギュラリティ時代に於けるコアコンピタンスとは?

読了御礼
第11章 収益が大凡無限の世界到来 
第12章 グローバル企業の経営戦略乗数化×エッジコンピューティング+ヘッジ戦略(デリバティブ
第13章 第六次産業革命

IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT BEST

IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT BESTがアマゾン(Amazon)より発売されたようです!

353ページで702円は安いですねー♬
IoT支援アイデア集シリーズの傑作版で、これは買いですねー♬
IoT市場はビジネスのホットオーシャンなり、レッドオーシャンでありますね、ビジネスの収益乗数過程で大きく役に立ちそうですねー!



IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT BEST

IoT支援アイデア集 華神蔵EDIT BEST


クラウドファンディング支援アイデア集が発売予定

ICT関連著作に関して、クラウドファンディング支援アイデア集が発売予定のようです。クラウドファンディングは昨今話題のトピックの一つですね。

【IoT×自動車支援】

【IoT×自動車支援】

IoT×自動車支援と言う分野に於いて、シェアリングエコノミー、広告ビジネス等によりICT企業が、『自動車の無料化』さえをも可能にし得るという記事は必読した方が良いと思われる。